【40代50代女性必見!】更年期障害に効くハーブは?おすすめハーブ5選!レシピも!

調査によると、更年期世代である45歳から54歳の女性のうち、9割以上が更年期症状を感じているそうです。

ほてり、動機、めまい、肩こり、不眠、イライラなど、様々な症状がありとても辛いですよね。

今回は、更年期障害に効くハーブをご紹介します!

更年期障害に効く?メディカルハーブとは

メディカルハーブ

メディカルハーブとは、薬効がある植物の中で特にその薬効が高く、民間療法や治療に用いられるものを指します。

道端に生えたタンポポや、キッチンにあるショウガなんかも、メディカルハーブのひとつです。

日本に漢方薬局があるのと同じように、英国などのヨーロッパでは薬草を処方する診療所が存在します。

ヨーロッパでは、「植物療法士(メディカルハーバリスト)」という国家資格を持った専門家が人々の治療を行っています。

メディカルハーブの効能がストレスを抱えた現代人の不調を和らげるのに適しているため、日本でも近年注目されつつあります。

調査によると、更年期世代である45歳から54歳の女性のうち、9割以上が更年期症状を感じているそうです。

更年期とは、45歳から55歳の間に位置する特定の期間を指します。

多くの女性はおおよそ50歳前後に閉経を迎え、卵巣の機能が次第に低下し、女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌が減少します。

このホルモンのバランスの変化が、身体や精神、自律神経に影響を及ぼし、それが更年期症状として現れるのです。

更年期障害の症状は多岐にわたり、動悸や息切れ、のぼせ、ほてり、発汗、頭痛、腰痛、肩こり、イライラ、めまい、不安感、不眠などがあります。

ハーブティーやアロマで、更年期障害の辛い症状が緩和できたらいいですよね!

更年期障害に効く!おすすめハーブ5選

では、更年期障害に効くハーブにはどのようなものがあるのでしょうか?

更年期障害に効くといわれているハーブを5つご紹介します!

①バレリアン

バレリアン

バレリアンには、精神安定作用や鎮静作用があります。

PMSや更年期障害、ストレスからくる不安を緩和するのに有効です。

鼻をつくにおいと苦い草のような味わいが特徴的です。

※香りが強いので使用量に注意してください。

※妊娠中や子供への使用は避けましょう。

②オートムギ

オートムギ

オートムギは、ビタミンEやミネラル類、タンパク質、食物繊維を豊富に含んでいます。

オートムギティーは、神経系に不足しがちな多くの栄養素を含むため、優れた強壮効果があります。

更年期のエストロゲン不足からくるうつなどにも有効です。

※小麦アレルギーの人は注意が必要です。

③アンゼリカルート

アンゼリカルート

アンゼリカルートは、更年期に起こる冷えやのぼせを緩和するのに役立ちます。

ヨーロッパでは古くから、婦人科系の鎮静・強壮のための薬草として用いられてきました。

スパイシーな香りで少し苦みがあるのが特徴です。

※服用後、長時間紫外線に当たることは避けましょう。

※妊娠中や子供への使用は避けましょう。

④リンデン

リンデン

リンデンは、穏やかな鎮静作用で知られるハーブです。

鎮静作用により、動悸を鎮める効果があります。

甘い香りとやさしい味わいで飲みやすく、ハーブティーとしておすすめです。

※リンデンアレルギーを発症する可能性があるほか、妊娠中の多量摂取には注意が必要です。

⑤レッドクローバー

レッドクローバー

レッドクローバーは、イソフラボンを含み女性のホルモンバランスを調節する働きがあります。

更年期障害の諸症状を緩和する効果が期待できます。

すがすがしい草の香りで、くせのない味わいです。

※妊娠中や子供への使用は避けましょう。

更年期障害に効くハーブティーは?レシピ紹介!

オートムギティー

実際に更年期障害に効くハーブティを試してみたいけれど、どのように作ればいいかわからないという方も多いですよね。

最近ではドライハーブを扱うショップが増えてきましたので、必要なハーブは手軽に入手できます。

相談しながら選びたい場合は「生活の木」や「enherb」など実店舗を多く持つお店に行ってみるといいでしょう。

また、ネットショップでも購入することができます。

ドライハーブの選び方としては、できるだけ新鮮なものがよいでしょう。

まとめ買いは避けて、必要な分だけ少量ずつ購入するのがおすすめです。

それでは、ダイエットに効くハーブティーのレシピをご紹介します!

①オートムギのブレンドハーブティー

更年期のうつ症状に効果が期待できます。

ホルモン作用とエネルギーをチャージする作用のあるハーブをブレンドしました。

[材料]

・オートムギ・・・ティースプーン3杯

・レッドクローバー・・・ティースプーン1杯

・ローズ・・・ティースプーン1杯

[作り方]

1.ティーポットにハーブを入れ、お湯を180ml~300mlほど注ぐ。

2.5分ほど蒸らして完成。

②アンゼリカルートのブレンドハーブティー

更年期に起こる冷えやのぼせ、動悸に効果が期待できます。

パッションフラワーには気持ちを静めたり、不眠を改善する作用があります。

[材料]

・アンゼリカルート・・・ティースプーン1杯

・ジャーマンカモミール・・・ティースプーン2杯

・パッションフラワー・・・ティースプーン1杯

・リンデン・・・ティースプーン1杯

[作り方]

1.ティーポットにハーブを入れ、お湯を180ml~300mlほど注ぐ。

2.5分ほど蒸らして完成。

終わりに

ハーブは、自身の体調と、それぞれのハーブの注意点を確認したうえで使用してください。

更年期障害に苦しんでいる方には、ぜひ続けてみていただきたいです。

自分の体調に合わせてハーブをブレンドする時間も、心を落ち着けてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です